【茶吉の宮古島旅行記】3ページ
〜2日目─吉野海岸と池間島〜

ホテルの朝食

ホテルの前の花

ホテルの朝食はバイキングだ。想像よりも種類があり、和・洋食と用意されていた。(朝7時から10時まで)
友人は和食(ご飯・味噌汁など)も、洋食(パン・オムレツなど)も、朝から何もそこまで・・・という量を食べて、このあと悲劇(喜劇?)におそわれる。

ホテルの朝食

左の写真はホテルからの景色。綺麗な海が目の前!
右の写真もホテルからの景色で、お城はドイツ村(?)

ホテルからは見事なオーシャンビュー ホテルからの眺め

吉野海岸

吉野海岸

吉野海岸は、期待を裏切らず、美しく、南国ならではの美しい魚を沢山見ることができる。

ただ、不便で駐車場から遠い。歩いてビーチまで行くのは、かなり大変だろう。ここは島で唯一、駐車場代(¥500)を請求される。そのためか、海岸まで送迎バスがある。が、セールストークが凄まじく、宮古島気分が半減してしまう。
強烈な陽射しを遮るものがないので、パラソルはレンタルするか、持参するかした方が良い。
シャワー・トイレ・レンタル売店は駐車場にある。駐車場から海岸は見えない。駐車場から、かなり下にくだっていったところに海岸がある。

とにかく、生き物の宝庫!夢中で泳いで日焼けにご注意。

池間島

池間島へ向かう。池間大橋
両側に広がる青いグラデーションが素晴らしい。
池間島に向かう途中に宮古島の雪塩の工場(?)があった。
見学できたようだが、時間の都合で割愛。

池間島へ向かう橋 池間島にて

砂山ビーチ

砂山ビーチ。ビーチはそれほど広くは無かった。波は高め(この日だけ?)で、深そうに見える。
小さい子供は気をつけた方が良いかも知れない。その名の通り、さらさらした美しい白い砂の山を登る。

その名の通り、砂山 砂山ビーチにて

ホテルでの夕食・ビアファスにて

今日の夕食はホテルのレストラン「ビアファス」 (といっても、ホテルのすぐ隣にドイツ村というテーマパークがあり、そちらの系列でもあるようだが)でとることにした。もちろん、美味しくいただきました。
(ビーフシチュー・パン・デザート・コーヒー・ビール ¥2500以内)

このホテル・ブリーズベイ マリーナには、展望風呂が付いており、夜なので景色は見えなかったが、とても気持ち良かった。

深夜、ホテルの前の芝生に寝転んで、水平線に沈む星をしばらく眺めていた。
海に落ちていく星を、湿気に満ちた漆黒の中で見ているのは、少しだけ怖いような感覚におちいった。
あれだけの星を見たのは、富士山に登った時以来だ・・・!星、星、星、時々ヤモリ・・・。

ビアファスでの夕食
◆宮古島旅行記TOPページへ◆ ◆→→→3日目に進む→→→◆

宮古島1日目

宮古島1日目の
メニュー

  • 来間島
  • 来間大橋
  • 長間浜
  • 楽園の果実
  • さとうきび
    (居酒屋)

宮古島2日目

宮古島2日目の
メニュー

  • 吉野海岸
  • 池間大橋
  • 池間島
  • 砂山ビーチ
  • ビアファス
    (レストラン)

宮古島3日目

宮古島3日目の
メニュー

  • 新城海岸
  • イムギャー
    マリンガーデン
  • ドライブ風景

ホテル・費用について

ホテル・費用
リンク先ご案内

  • ブリーズベイ
    マリーナ(ホテル)
  • 交通費など
  • リンクご案内

茶吉の旅行記HPへ戻る

HOME
茶吉の旅行記

  • 茶吉の旅行記TOP

この宮古島旅行記の情報は2006年6月のものです

>管理人のプロフィール<

出雲大社・厳島神社などの神社、パワースポット、サンクチュアリへの旅ページへ
出雲大社・厳島神社、一人旅リポートは↑こちらからどうぞ

inserted by FC2 system